忘れていく日々

作曲家、Reg;のブログ

途中覚醒

バンドからドラムのさとやんが脱退する。

仕事上の理由。

さとやんとは2人だけでやってた頃を含めると6年くらいずっと一緒にバンドをやっていた。

細かく書くのは好きではないので、書いておく。

ありがとう。今まで楽しかったよ。

 

さとやんの脱退が決まってから、俺の心はぽっかり穴が空いたような感覚だった。

そこで初めて気づいたことがあった。

俺も始めの頃は、バンドをやっているときは、バンドで売れたい、バカにしてきたやつを見返してやりたいど思っており、それが夢だと思っていた。

ただそれは違った。

俺の夢はバンドをやり続けるということだった。

それに初めて気づいた。

 

まだ未確定な部分が多いので、今行なっていることを書くことはできないが、

バンドは続けるよう努力している最中である。

今後が確定したらブログに書くこととする。

 

明日は休日出勤である。

はっきり書いて、行くのがとても嫌だ。

ただ生活のためには仕事をしなければならないし、仕事量が半端ではないので、明日の出勤はしょうがないものだと考える。

流石に月曜の祝日もだろとか言われた場合はブチギレると思うが。

なんせ、明日は本来予定があってスタジオで個人練習をする予定だったからだ。

 

この前の深夜勤務時に会社に対してブチギレ気味に話したが、1円でも金が下がったら速攻で辞めるつもりだ。

生活のできないところで働いても意味がないし、過剰勤務に見合った給与ではないからだ。

全くもって無意味な労働になるからである。

辞めた後は実家に帰って、データ入力の派遣でもしようかと思う。給与は大幅に下がるが、心がそちらの方が圧倒的に余裕がある。

そもそもエンジニアをもう俺は辞めたいのである。

廃業だ、廃業。

 

春は出会いの季節でもあると同時に、別れの季節でもあると思うような出来事であった。

 

途中覚醒してしまったので、二度寝する。

明日の仕事のために。

広告を非表示にする