忘れていく日々

兼業作曲家、Reg;のブログ

磨耗していく人間

とにかく退社時間が遅い。

定時という概念がない。

4日のバンドの歌詞もできていない。

趣味に費やす時間が取れていない。

 

昼飯が食えない時がよくある。

週に3日くらいは昼飯を食えない。

それくらい忙しい。

 

当然息抜きのネットサーフィンなんてできやしないし、そもそも仕事以外のサイトを見る余裕がないのだ。

素早く案件をこなすとすぐに次の案件が入ってきたり、

差し込みの至急依頼がかなりの確率で入ってくる。

とにかく疲れている。

 

19時台に帰れることは確実になく、21時に帰れたら今日は早く帰れたなと感じる日々。

磨耗している。

こうして人は磨り減って死んでいくのだろう。

 

前にも書いたが、実家に帰りたいのだ。

実家で適当な時にエンジニアの仕事を適当に行い、ゆっくりと日々を楽しみたい。

30中盤にも差し掛かるとそういう気持ちになってくる。

 

3月、俺の誕生日がある。

また1つ歳をとってしまうな。

あの日の希望や望み、願いなんてものはどこに行ったのだろうか。

ただあるのは現実のみなのだ。

 

閑静な住宅街に引っ越したい。

高円寺は相変わらずクズの酔っ払いがうるさい。

世田谷区辺りに住みたいと考えている。

 

ギターの練習。

合間を縫って弾いている。

 

新曲、そんなもん作る暇がない。

時間があっても日々の激務で疲労し、睡眠にあてる。

 

この現場は長く持たないだろう。

予感ではなく確信している。

 

明日も深夜まで仕事だ。

寝よう。

広告を非表示にする