忘れていく日々

作曲家、Reg;のブログ

人格改造マニュアル

1ヶ月くらい前に友人たちと飲んでいた時に、お前の文章は棘がありすぎる、と言われたので今回はその話を書こう。

 

自分がこれまで書いた文章を客観的に見たところ、確かに口調がきつい文章がある。

これは、起きた事実と自分の感想を極力感情を排他して書いているからだろう。

ウェットな人からしてみたら、なんだこいつは、と思われるはずだ。

 

参考までに数種のブログを読んでみた。

アイドル、ウェットなバンド、ドライなバンド、ドライと見せかけておきながらウェットなヴォーカル、またはその逆。

それぞれ当たり前だが書く文体が違う。

 

じゃあ正解はなんだ、と問われるとそんなものは無いとしか答えられない。

人間の数だけ個性があり、人格がある。

 

ただ一つだけ言えるのは、歌詞は嘘をつかないという事だ。

アイドルはみんなを元気にさせたい、バンドによってはアッパーなものもあれば終始ダウナーで終わる歌詞もある。

 

もし、俺のブログで人格を疑ったのならば、少し面倒臭いかも知れないが、まずは歌詞を読んで欲しい。

そこであなたの最終的な俺への判断が下るだろう。

 

誰がどう言ったから、こうしろではなく、必要な事を見極めるのは自分で見極めて欲しい。

そうしないと、判断を誤った時に必ず誰かのせいにしてしまうから。