忘れていく日々

兼業作曲家、Reg;のブログ

amazarashi、多数決

amazarashiのニューアルバムからの先行リリースの多数決を購入。

早速聴いたが、前回のスピードと摩擦のクソ曲さ加減はどこに行ったのだろうかというほどの、これまでのamazarashiが耳に飛び込んできた。
 
はっきり書いて、スピードと摩擦はゴミみたいな曲だった。
揶揄、比喩を含めても、この曲で主張したい事が伝わってこないからだ。
アニソンだから嫌いではなく、曲として良くはない。
タイアップを取る為に秋田ひろむは書いたんだろうなという考えが頭をよぎる。
 
特定のバンド、アイドルを盲信するのはあまり勧められない。
たとえ好きであったとしても、贔屓抜きで音楽は評価されなければならない。
 
多数決は大衆受けするメロディになった。
クオリティは下げず、意識してレベルを下げたように思えた。
アニソンがいい曲として大衆受けするのは、意識してレベルを下げているからだ。
ここで書いているレベルを下げるというのは、悪意を持って書いているのではなく、音楽に詳しくない人間でも理解できる程度まで綿密に楽曲を落とし込むことである。
 
編曲も秋田のコンプレックスを裏返すかのように、バンドサウンドになっていた。
もしかしたら、失われた青春を取り戻そうとしているのかもしてない。
 
amazarashiのニューアルバム、非常に楽しみだ。
 
そろそろ自宅だ。帰ろう。
広告を非表示にする